ロンドンは午前7時

ロンドンは午前7時

ロンドンは午前7時

 

 

 

通貨ペア・取引スタイル・最大ポジション数・使用時間足

通貨ペア 取引スタイル 最大ポジション数 使用時間足
EUR/USD スキャルピング 1 5分足

 

推奨証拠金・プロフィットファクター・勝率・最大ドローダウン

推奨証拠金 プロフィットファクター 勝率 最大ドローダウン
70,772円 5.05 66.67% 3.13%

※記載している数字はサイト掲載時点での数字になります。

 

ロンドンは午前7時とはどういうEAなのか?

 

本EAはEUR/USD(ユーロ/米ドル)(5分足)専用の主にロンドンの午前7時(日本時間16時(夏時間15時)付近で東京時間につけた高値、安値付近の逆方向にエントリーする逆張りのEAです。

 

単利あるいは複利での運用が可能です。

 

本EAには、Lot数、損切り値や単利、複利の変更が設定できます。

 

ポジションは、1回のトレードで1個しかトレードしません。本EAの保有ポジションが無くなり、エントリーポイントになるとエントリーをします。

 

エントリーして反対に30pips以上動いたら建値(エントリー値)から5pipsの損失で決済するように利確値を変更します。

 

また、スタート時間(パラメータ設定のStartHour1)から3時間15分後に損切りポイントを直近の高値、安値から10pips離れたところに変更します。

 

さらにポジションと反対側に約1時間ほどバンドウォークし25pips以上損失が出ている場合は次の足でポジションをクローズします。

 

ですので損切り値(パラメータ設定のStopLoss1)が初期設定で50pipsですが50pipsの損切りになるのは1年に4回程度です。(2005年から2018年のバックテストの結果より)

 

利益確定は5分足のボリンジャーバンド2σを足の終値が超えていたら次の足でポジションをクローズします。

 

また、ボリンジャーバンド±2σにタッチしたが終値がボリンジャーバンド±2σを越えなかった場合は、損切り値を建値(エントリー値)に変更して、終値がボリンジャーバンド±2σを超えるまでポジションを保有します。

 

※エントリー時間の初期設定はサーバー時間がGMT+3(夏時間GMT+2)です。サーバー時間がその他のタイムゾーンだとパラメータで変更可能です。

 

引用元:ロンドンは午前7時販売ページ

 

ロンドンは午前7時を手に入れるには?

ロンドンは午前7時はGogoJungle(ゴゴジャン)で購入する事が出来ます。

 

下記のリンクからGogoJungle(ゴゴジャン)の販売ページを開けるのでそちらから入手して下さい。

 

 

 

 

FX自動売買プログラム(EA)におすすめの海外FX会社

XMTrading(エックスエムトレーディング)

  • レバレッジが最大888倍
  • 口座開設するだけで3000円のボーナス
  • 5万円の入金まで100%ボーナス
  • 225万円の入金まで20%ボーナス
  • ゼロカット採用だから追証無し
page top